愛知県共同配送サービスブログ

共同配送とは?メリットとデメリットを徹底解説


物流企業では、人手不足の問題や環境問題などの対策で共同配送する企業が増えてきました。

共同配送は複数の物流企業の荷物を1台のトラックでまかなうことにより、さらなるコストダウンと環境改善に努めています。

この記事では共同配送について、またメリット、デメリットについて解説していきます。

共同配送とは?

共同配送とは、複数の物流、運送会社の荷物を1台のトラックに積載して、配送する手段のことを指します。

1社のみの場合だと納品先によってスペースの空きが生じやすいですが、まとめて荷物の配送を請け負うことにより、効率よく配送することが可能です。

トラック以外にも人件費の削減できるので、現在深刻な問題になっている人手不足の解消にも繋がります。

とくに外食チェーンや大型ショッピングモールなどでは、複数の物流会社から荷物を受け取る契約が多いですが、共同配送だと荷受け作業が少なく済み、発注も簡略されるので納品先からもメリットの多いシステムといえるでしょう。

また近年では北海道で大手ビール会社4社が共同配送を行い、CO2排出量は約3割削減となっています。

ほかにも日清食品とサッポロホールディングスが都内において、即席麺とビールの共同配送を実施し、トラックの使用台数は2割減、CO2排出量も年10トン削減と発表されました。

このように共同配送は環境にも優しい配送手段として国土交通省からも推奨されています。

 

共同配送のメリット

共同配送を行うことにより物流業界での主なメリットは以下の3つになります。

コスト削減

コスト削減は共同配送の最大のメリットといえるでしょう。

1社では納品先に対し配送量の少ない依頼でも、複数の企業で共同配送を行なえば、積載率の向上に繋がり少ないトラックで配送をまかなえます。

トラックの台数を削減できれば人件費や燃料費の削減にも繋がるので、1個あたりの配送単価も抑制されます。

ルートの効率化

もともと同じ納入先で複数ルートに分かれていたのが共同配送では一元化できるので、ルートの本数自体も少なくなってルートの効率化にもなります。

ほかにも1ルート辺りの件数も少なくなるので顧客先の時間管理もしやすくなるでしょう。

時間管理がしやすくなると、急な追加発注でも柔軟な対応が可能なので、顧客へのさらなる信用確保に繋がります。

 

環境問題への配慮

環境問題は物流企業が今後避けて通れない重大な課題です。

共同配送を実現することにより配送車両の減少に繋がるので、排気ガスに含まれる有害物質やCO2排出の削減となるので環境の負荷を下げることに繋がります。

年々、環境基準は厳しくなっているので、CO2の排出量を削減しやすい共同配送は環境面で取り組みやすいといえるでしょう。

共同配送のデメリット

メリットの多い共同配送ですが、当然デメリットもあり以下の2つになります。

時間とコストの管理

共同配送では自社以外の荷物の取り扱う必要があるので、それだけ納品に時間がかかることが想定されます。

また複数の物流企業が関わるため、急な発注やルートの変更には対応しにくくなることが考えられます。

当然、自社以外の納品も行うのでルートによっては非効率になることも想定されるでしょう。

自社以外での配送先の追加はコスト面でも不利となるので、サービス低下にも繋がります。

 

荷物の追跡が困難

共同配送の場合は、自社以外の荷物の配送があるので、荷物の追跡が困難になることが想定されます。

物流企業ごとに取り扱っているシステムが統一されていないことがほとんどなので、配達状況を確認しにくくなっています。

また紛失や破損の際も責任の所在がわかりにくいこともあるので、定義が難しい問題です。

 

まとめ

この記事では共同配送のメリット、デメリットを解説しました。

共同配送は、複数の物流企業の荷物を一元管理してまとめて配送できるので、トラックや人件費、燃料費のコスト削減につながるのが魅力といえるでしょう。

またルートの効率化や環境問題への配慮など、いま物流業界が抱えている問題への対処がしやすいのも特徴です。

しかし共同配送は企業同士が連携していないと、コスト高になりトラブル発生の元になるので企業間によるルールの取り決めをしっかりしておくことは必要不可欠です。

 

「運送 愛知」


大阪商運のブログに訪問して頂き、ありがとうございます。

愛知運輸部の小山です。

 

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は大変 お世話にありありがとうございました。

本日より通常業務を行っています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

「運送 大阪」年末のご挨拶


大阪商運のブログにご訪問して頂き、誠にありがとうございます。

愛知運輸部の小山です。

早いもので、今年も残りわずかとなり、年末のご挨拶をする時期となりました。

本年も格別なご配慮を賜り、心より感謝いたします。

昨年に続き、本年も新型コロナウィルスによる影響で難局に直面する状況が続き、

そのご苦労はいかほどかと拝擦いたします。

先を見通しづらい状況ではございましが、

健やかにお過ごしになれますようお祈り申し上げます。

来年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

よいお年をお迎えください。

「運送 愛知」新入社員研修


大阪商運のブログに訪問して頂き、ありがとうございます。

愛知運輸部の小山です。

 

新入社員研修を行いました。

今まで乗務経験があっても基本的なことから実施しています。

バック練習

ホーム付け

パレットへの積み付け

丁寧な荷捌き 安全運転でプロドライバーに育てていきます。

 

「運送 愛知」新車が納車されました。


大阪商運のブログに訪問して頂き、ありがとうございます。

愛知運輸部の小山です。

 

今週、3t車の新車が2台、納車されました。

バックアイカメラ、ナビに衝突防止装置と安全に対する装置は年々、優れた

機能が装備され安心して運転ができてます。

いつまでも美しい車両で皆さまの大切はお荷物を運ばせて頂きます。

丁寧な荷捌きで安全を優先して運行していきます。

最後まで、お読み頂きありがとおうございます。

 

「運送 愛知」新しい仲間が加わりました。


大阪商運のブログに訪問して頂き、ありがとうございます。

愛知運輸部の小山です。

愛知営業所にも新しい仲間が入りました。

本当に嬉しい限りです。

兵庫県加古川市出身の早川拓実さんです。

今までから物流業界に従事されておられ、

知識は持っておられますが、土地勘がないので基本的なことから

慌てずに仕事の流れを覚えて行ってもらいます。

しばらくすると皆さまの所にお伺いいたしますので

宜しくお願いいたします。

 

「愛知運送」一日体験乗務に来られました


大阪商運のブログにご訪問して頂き、ありがとうございます。
愛知運輸部の小山です。

愛知営業所に入社希望の方が面接に来られ、
一日体験乗務に来て頂きました。

ベテランの重松さんと同乗運行を行い、仕事の流れを説明し、社内の雰囲気をつかんで貰いました。
前職も運送業で働かれており、内容を理解して頂くのも早くて
戦力になって頂けそうな方です。

体験後に年齢的にも同じ年齢層で愉しそうな雰囲気と感じたようです。
是非とも働きたい意思を持って頂きました。

早く一緒に頑張ってきたいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

「愛知運送」新しい仲間が加わりました


大阪商運 愛知営業所のブログに訪問して頂き
ありがとうございます。
愛知運輸部の小山です。

愛知営業所に新しい仲間が入りましたので
ご紹介をさせて頂きます。

一宮市出身の木全宏典さんです。


いままで物流関係の仕事に従事していてフォークリフト免許から
大型免許、けん引免許を取得し、又、運行管理者基礎講習を修了しています。

いつもニコニコと笑顔の絶えない木全さんです。
これから皆さまの所にお伺いさせて頂きますので
宜しくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございます。

「愛知運送」未然に事故防止への取り組み


大阪商運のブログに訪問頂き、ありがとうございます。
愛知運輸部の小山です。

安全への取り組みでドライブレコーダーの映像から未然に防止しようと
日々、取り組んでいます。

先週に続き、運転中の脇見運転です。

運転中の携帯注視 脇見運転は咄嗟のハンドル操作ができません。
気になった伝票をみたり、目の前の信号が赤色なので 油断なのか信号手前で違反行為を
しています。
非常に危険です。
運転中に携帯注視は、数年前に罰則も強化されています。

未然に事故防止に向けてこれからも取り組んでいきます。

最後までお読み頂きありがとございます。

「愛知運送」安全対策 ドラレコ


大阪商運のブログの訪問して頂きありがとうございます。
愛知運輸部の小山です。

安全第一の取り組みとして全車両にドライブレコーダーを取り付けています。
片手運転、脇見運転防止に向けて室内にもカメラを取り付けています。

脇見運転をしていると、とっさのブレーキが間に合わず、前方の停止車両に追突してしまう
可能性があり、十分に減速出来ていないことで被害も大きくなることがあります。

時速60㎞で走る車は、1秒間に約17m進むため。ほんの一瞬の脇見運転でも大きな事故に繋がります。

事故を未然に防いで事故のない営業所を作っていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。